輸配送

自社・協力会社の車両で全国ネットワーク構築

私たちサンロジスティックスは、自社および協力会社のトラックで輸配送の全国ネットワークを構築いたしております。現在、全国18ヵ所(デポ3ヵ所を含む)の共配センターから組織小売業様16チェーンの計1780店舗に、食品メーカー様などからお預かりした製品を365日体制で供給いたしております。

コースシミュレーションで配送コストを最小化

SLIM(配送システム)新店舗オープンや既存店舗の閉鎖など、対象エリア内での店舗数が日々増減する中、効率的な配送ルートをスピーディーに設定できるようにするため、「配送コースシミュレーション」システムを導入。また、全物流センター共通の配車システム「SLIM」を開発・導入することで、配車業務のスピード化や効率化を図っております。さらに、配送実施日前日に当該ルートの物量予測を行い配送トラックの積載効率を高めるとともに、イレギュラー便の発生を防ぐといった取り組みにも着手しております。

トラック環境対策にも力を入れております。配送業務に従事するドライバーには、燃料コストの削減やCO2など環境負荷の軽減に効果的な「エコドライブ」教育を実施。一方、ハード面ではハイブリッドといった低公害車の導入も推進しております。

また、安全面では、全日本トラック協会が安全性優良事業所に付与している「Gマーク」の取得に注力しており、現在のところ、むさしのセンターや千葉センターなどで取得済みです。2010年度中にはさらに3センターが申請を行う予定で、将来的には全センターでの取得を目指しております。


物流サービスについてのお問い合わせ
このページのトップへ