2021年度新卒・中途採用募集中

先輩社員インタビュー

佐藤 孝憲|2010年11月入社

サンロジに入社した動機は?

私は、就職活動していた頃は、物流に携わる仕事がしたいと思っておりました。会社説明会に参加した際に、採用担当者の方や先輩社員の方の雰囲気がとても明るく、親切丁寧に社内の説明をして頂いたこと。また、社内のこと以外にも業界についてもいろいろお話しが聞け、選考が進むにつれて益々興味を持ったのがきっかけです。

入社後に配属された部署は?

入社後は、神奈川配送センターに配属となりました。配属後は、まずは当社の基本的な業務を知るために、パンや和菓子、惣菜やお米などの仕分業務から行いその他様々な業務に携わりながら、当社の仕事であるセンターへの入庫からセンターから各お店様へ配送を行うまでの一連の流れを学んでいきました。また、センターには自社従業員や協力会社様の従業員やドライバーの方など沢山の人がおります。センター勤務をしていた時は、沢山の人たちと普段からコミュニケーションを取ることができ、和気あいあいと仕事をすることができました。

現在のポジションと日々の業務内容は?

現在は、経理課として勤務しております。当社の仕事は、メーカー様から預かった商品(パン、米、惣菜など)をトラックにて活用し各小売チェーン様へ届けております。当社の従業員が配送も行いますが、主に委託協力会社様へ依頼し、商品を届けております。委託した配送料金を請求書通りに、支払うよう確実な会計処理を行っております。また、社内業務全般に関わる経費(電気、水道、ガス、高速代、その他請求に関わるものなど)を請求書通りに処理を行います。

これまでに苦労した経験を教えてください。

毎日が、苦労です!笑 苦労があり、それを乗り越えるために得た経験は、自分の財産になると、私は考えます。苦労を伴わない仕事なんて、絶対に存在しません。まずは、目の前の与えられた仕事を全力でやってみる。それが、私のモットーです。これから、自分の希望通りの会社に入社し、様々な苦労は必ずあると思います。苦労や困難をどう乗り越えるのか、採用担当者の方はその考え方を見ていると思います。就職活動をする上で一つのポイントとして考えてみてほしいです。

仕事で嬉しかったことは?

入社当時ではありますが、私たちが責任を持って届けた商品が、実際に小売チェーン様の各店舗へ陳列されているのを見たときに、仕事に対するやりがいを感じたことです。私たちのような物流という仕事が存在しなければ、食べ物、飲み物、文房具、家電...など生活に必要と思われるあらゆるものが、たくさんの人々に行き渡らない。現場での仕事では実感できないものを自分の目で確かめ、初めて仕事に対する重要性について感じた時は、嬉しかったです。

将来の目標は?

大きな目標を持って、それに向かって行動することは大切だと思いますが、私の場合、「一日一日を後悔のないようにする!」ことを心がけております。スポーツも仕事も、一つ一つの積み重ねだと思います。私は、ウサギよりもカメを目指したいです!笑

これから入社する後輩に向けてのメッセージを!

数多くの企業の中から、限られた期間の中で自分に合った企業を選択することは、とても大変なことだと思います。まずは、「入社後に自分は本当に何がしたいのか?」「その他の会社と比較して本当に働きたいか?」など全く働いた経験がない中で入社後のイメージを考えるのは難しいことかもしれませんが、最後まで諦めずに就職活動をして欲しいです。なかなかイメージがつかめないのであれば、興味のある企業へ訪問し先輩社員と一緒に一日同行または社内の風景を見学をしてみるなど、情報に頼るのではなくまずは自ら行動し自分で何かを感じ取ってみるのもよいかもしれません。悔いのない就職活動を願っております。

■先輩社員プロフィール

佐藤 孝憲 2010年4月入社。日本大学 商学部卒。

物流サービスについてのお問い合わせ
このページのトップへ