先輩社員インタビュー

鈴木 良子|2014年11月入社

サンロジに入社した動機は?

物流業界を中心に就職活動を行っている最中に、当社の情報を目にする機会が何度も あり、その度にどんな会社なのか気になっていたので思い切って説明会に参加。
そこで若手が活躍できる、男女関係なく様々な仕事に取り組めるチャンスがあると感じ、是非自分もここで色々なことに挑戦したいと思いました。面接で自分の思いをはっきりと伝えることができ、それをきちんと聞いてもらえたことも入社を決めた理由の一つです。

入社後に配属された部署は?

約1ヶ月本社で研修を受け、その後センターで3年間配分業務・配車業務を経験。現在は物流部物流課に所属しています。

現在のポジションと日々の業務内容は?

既存センターの運用効率化を図る為、実際にセンターを巡回して作業・システムの状況確認を行っています。そこで課題や改善点を見つけ出し、どのように解決していくのかをセンターと協力しながら取り組んでいます。

これまでに苦労した経験を教えてください。

物量が大幅に上がり配分終了が押した日、大雪が降った日などイレギュラー発生時はどうしても気が焦ってしまい、配送指示書の入力ミスやとっさのコース組み直しが出来ないなど、周りの人やドライバーにたくさん迷惑をかけてしまいました。同じようなミスを繰り返さない為にも、どんなに忙しい時でも一呼吸置いて心を落ち着かせ、ドライバーがスムーズに出発できるように心がけました

仕事で嬉しかったことは?

センターにいた時も現在もそうですが、職場環境に恵まれていることです。失敗を恐れずにまずはチャレンジしてみよう、という雰囲気の中で業務に携わることが出来ていて、少しずつですが自信にも繋がっていると感じます。失敗をすることも多々ありますが、その都度上司や先輩がフォローして下さるのでもっと頑張ろうという気持ちが強くなります。最近ではセンターに関わる案件の担当になり、不安もありますが様々な業務に参加出来るようになってきたことがとても嬉しいです。

将来の目標は?

女性社員の割合が少ないので増やしていきたいです。たくさんの女性に入社してもらえるように、まずは自分が管理職を目指して色々な業務に積極的に携わり、男女関係なく頑張ってやれば出来るという実績を残したいです。

これから入社する後輩に向けてのメッセージを!

就職活動やその他の事でも辛くなったり悩んだりする時期があると思いますが、それを乗り越えれば自信に繋がるので、何事も諦めずに最後までやり遂げる気持ちを持って下さい。また、やるべきことは信念をもって一生懸命取り組んで欲しいです。これは私がセンターに在籍していた時にセンター長に言われた言葉で、今でもずっと心に残っています。周りに流されない、ぶれない自分というものを持って行動して下さい。
頑張った分だけ結果は必ずついてきます。

■先輩社員プロフィール

鈴木 良子 2011年4月入社。拓殖大学 外国語学部卒。

物流サービスについてのお問い合わせ
このページのトップへ