社長メッセージ

 当社は山崎製パンを中核とするヤマザキグループの一員であります。いまや製パン業界や食品業界にとって欠かすことのできない公共性の高い物流インフラを全国各地でご提供する受け皿会社として機能いたしております。

 具体的には、食品メーカー各社様のご理解の下、特定のメーカー様や量販店様の枠組みを超えた、共同配送事業を展開しております。共同配送とは、届け先が共通するチェーンに一つの輸送手段を使って全メーカーの商品を一括配送することで、それぞれの企業が配送するよりもコストを低く抑えるとともに、荷受け業務の簡素化などサービス水準の向上が図れる製品供給モデルです。また、共同配送は輸送頻度や使用車両台数の削減につながるため、排ガスや燃費も抑えられ、環境保全にも大きな効果があります。

 当社の共同配送モデルの特徴は、荷主様だけではなく、お届け先様も様々な量販店様に配送する汎用型の配送センターとなっており、非常に公共性が高くなっているため、より効率的な配送が可能となっている点です。このような従来にはなかった画期的な配送システムにより独自の事業モデルを確立し、グループ会社以外であっても公平に取り扱う姿勢を徹底いたしております。

 共同配送のパイオニアとして、当社は常に公平な立場で荷主様とお届け先様の繁栄を実現し支えていくという、お役立ちの精神を大事にし、社会に必要とされる企業として、さらなる高みに向かって邁進していきます。そのためにも、定温物流による品質管理と安全で確実な運行の徹底を遂行し、お客様本位のきめ細かなサービスを提供していきます。

 特に「食の安全と安心」に対する関心は高く、安全な食品をお届けするために、食品安全管理体制も食品メーカー各社様同様に欠かすことが出来ません。そのために、AIBフードセーフティ手法の導入による食品安全管理体制の強化・徹底するとともに、最新の運行管理システムを導入することで「定時・定量・定温による安全・安心の物流品質」のさらなる向上を図ります。

 今後とも業界内の配送に関わる規格の標準化など、様々な提案をさせていただきながら、合理的かつ効率的な配送を追求し、環境保全にも目を向けた新しい物流を創造することで、真に価値ある企業として社会に貢献し、ともに発展することを目指します。


物流サービスについてのお問い合わせ
このページのトップへ