物流センターオペレーション

荷受けした製品を迅速に店舗別仕分け処理

私たちサンロジスティックスが物流センターで取り扱うのは、パン製品をはじめ、米飯・惣菜・和菓子などといった日配品が中心です。これら賞味期限の短い製品の物流オペレーションでは他のアイテムに比べスピーディーな作業処理が求められます。そうしたニーズに応えるべく、当社のTC型(通過型)物流センターの中には、305,000ピースの製品を納品先165店舗向けに仕分け処理するのを約8~10時間で完了させる拠点も存在します。

物流センター

スピーディーな庫内オペレーションを支えているのが、各センターに導入している様々なマテハン機器です。DAS(デジタルアソートシステム)をはじめ、クレート自動倉庫(パン配分システム)、パレタイザー(米配分システム)などを活用することで、作業の自動化・効率化を図っております。マテハン機器の中には、他の業種・業態の物流センターではお目にかかれない当社オリジナルのシステムもあり、それらには当社がパンの物流で培ってきた経験やノウハウが凝縮されております。

マテハン駆使して生産性高めたTC型拠点

物流センター

量販チェーンが設定する納品条件は年々厳しさを増しており、その対応に苦慮されている食品メーカー様も少なくないではないでしょうか? 業界トップクラスのオペレーションスピードを誇る私たちサンロジスティックスの物流センターをご利用いただくことで、物流に関するお悩みは解消されるはずです。是非一度、物流センターをご見学いただき、オペレーションの迅速さや品質の高さをご確認ください。

マテリアルハンドリング

マテリアルハンドリング
短納期ニーズ対応で独自のマテハンを開発
DASや配分システムで出荷ミス率を低減

詳しく見る


物流サービスについてのお問い合わせ
このページのトップへ